haruの本当の効果は?【抜け毛・べたつきがなくなる?】

薄毛に悩むなら頭皮の血行を良くしよう

 

髪の困りごとで男性の人女性の人共通してたくさんあるのが、「髪が薄くなる」などと聞いています。

 

この要因としては、頭皮の血管障害が考えられます。

 

頭の血の流れが不調になると髪の毛に栄養素が浸透しなくなるので髪がやせ細って抜けやすいようになったのです。

 

昔から東洋医学では、髪は血液が余ってできたものだと伝えられているほど、髪の毛から考えたら血液は必要だと言えます。

 

頭の血行活性化をやることで、「髪のボリュームが無くなる」「抜け毛」を改善してくれる効果があるので、第一段階としてご自身の頭皮の状態を知ることが必要です。

 

頭皮を柔らかくしよう

指を伸ばし、頭を掴んで円を描くように動かしてみて下さい。

 

こめかみとつむじ周辺が均一に動くなら健康な頭のやわらかさです。

 

例えていうなら、つむじ周辺の頭皮がスムーズに動かなければ血流不良になっている場合があります。

 

放置しておくと「抜け毛が多くなる」・「髪の抜ける量が増える」といった悲しい状況になるかもしれないので1日でも早く血液循環を良くするメンナンスをしたほうが良いでしょう。

 

頭皮の正しいマッサージ方法

 

髪から見れば基本的には多くの血流が大切にもかかわらず、頭皮には筋肉が見当たらないため血が滞留しやすく血液が不十分になることが多いです。

 

頭皮マッサージで頭皮をスライドし頭を軽くすることにより、血の巡りがスムーズになり、髪に不可欠な養分が届きやすくなると思いますヘッドスパと一緒ですね。

 

頭のマッサージで頭を行う時には指を使って頭皮を下から上にかけてマッサージすると効果が発揮されるでしょう。

 

絶対に爪を立てないようにやりましょう。

 

頭のマッサージは髪の抜けが多くなるのを防いだりすることだけじゃなく、頭皮の減退や顔のたるみの予防・改善にも関係するため毎日行うと良いでしょう。

 

シャンプー時に頭皮マッサージ

 

シャンプーというキーワードには、マッサージといった意味もあるのです。

 

本来の目的は髪をきれいに洗うことは当然ですが、頭皮に刺激を与えて血液循環を良くすることだと考えられます。

 

髪の汚れや古くなった角質を綺麗にするというのはもちろんそうなのですが、血流を良くするように気を使ってマッサージするように洗髪しましょう。

 

洗髪するときには、お湯で頭皮を温めることで、血行活性化ができます。

 

育毛剤で血行促進

 

育毛剤を活用することでもたらす効果のひとつが血液循環活性だと言われています。

 

育毛剤に入っている主成分の一種として、オタネニンジン、センブリエキス、セファランチン、ビデイオキシジルなどがあり、こういった原材料には頭の血行活性化作用があります。

 

育毛剤は毛生え薬として使うものだと考えている人も少なくないと思いますが、はじめから頭皮環境を安定させて、育毛を促す商品になっているので、一定の年齢を過ぎたら育毛剤を使ったほうが頭皮のためにはいいこと尽くめだといえるでしょう。

 

髪には栄養バランスも重要

 

この他に日常生活で、栄養バランスの取れたお料理やほどよいスポーツ、睡眠をきちんと取ることやシャワーで済まさずお風呂に浸かって身体を温めるなど、常に身体が冷えない工夫をするというのだって大事ですので頭に置いてチャレンジしてください。